外国語、特に英語を使う職業というと、どのようなものがあるでしょうか。外資系企業や外国公館に就職する、通訳や翻訳者になる、あるいは外国人向けの旅行ガイドやキャビン・アテンダントなどが挙げられます。もちろんそれぞれの仕事によって、英語をどのように使うかは異なって来ます。たとえば通訳とかガイドのような職業は、相手との会話を正しく英語で伝えなければなりません。特にガイドの場合は、行く先の地理や歴史も知っておく必要があります。またキャビン・アテンダントの場合は立ち仕事で、ある意味肉体労働でもあります。

 

普通にデスクワークをして、しかも英語を使えるとなると、外資系企業や外国公館となりますが、これも仕事仲間との会話は英語ということが多いので、いずれの場合もそれなりの語学力が求められることになります。ただ翻訳者の場合は、フリーで仕事をすることもできますので、周囲と英語で会話をするということはあまりなく、むしろ日本語力も求められます。ただ翻訳者の場合は、専門分野をはっきりさせる必要があるので、その分野の知識を頭にしっかりと入れておくことになります。