私が翻訳に携わるようになったのは、語学留学をしていた際に、学校の期間が終わり、もう少し現地に滞在しようと思い仕事を探していた時でした。せっかくなので英語を使う仕事をしたいと思っていたところ、たまたま飲みに出かけていたバーで声を掛けられ、現地の翻訳会社でアルバイトをすることになりました。現在、翻訳の仕事はとても人気があります。以前から翻訳に興味があり、翻訳家をめざす方はとても多いといえるでしょう。

 

しかし、翻訳の仕事といっても、たくさんの仕事があります。翻訳の仕事というと文芸や、書籍、映画などの翻訳の仕事をイメージする方はとても多いです。しかし、実際はこういったお仕事よりも、産業翻訳といって、ビジネス文書などを翻訳する仕事の方が圧倒的に多くて、9割の仕事が、これらの産業翻訳となっています。さらに、企業に勤める翻訳家もたくさんいますが、最近では、フリーランスとして活躍する翻訳家もとても増えています。

 

これはインターネットの普及などが理由の一つです。インターネットが普及することによって、在宅でも翻訳作業をすることが容易になりましたし、ネット関連の翻訳作業なども多くありますので、在宅でも活躍することが出来る時代になっています。たとえば、クラウドソーシングサイトを利用した場合、素人でも翻訳の仕事を請け負うことが出来るのです。

主な業務内容は、ニュース翻訳、契約書類などの翻訳、企業ホームページの翻訳、ゲームの翻訳、漫画翻訳、海外カスタマーサポートなどでした。それぞれの作業で苦労することは様々です。例えばニュース翻訳などでは専門的な分野の言葉や、各国の行政機関の名称などが特に時間がかかります。使用されている単語もフォーマルで堅く、日常会話では聞かない単語ばかりです。

 

カスタマーサービスでは、世界中のお客様からのお問い合わせを受信します。もちろん、英語圏以外からのお問い合わせも多く、文法的にも理解が難しいものが多々あり、より想像力が必要となります。私は校正作業も行っていますが、翻訳をする際には、翻訳を行う1文に集中しすぎるのではなく、既に翻訳してきた部分(最初から)の内容を必ず頭の中に入れながら進めることが大切です。

 

1文だけを見れば合っているという内容も、全体を通して読んでみると何か違和感を感じるような文章があったりします。ニュース記事ですら、全ての情報(原文)が正しいとは限りませんので、全体を通して翻訳をするという事を心がけていけば、細かな誤訳は減っていくはずです。

PR|健康マニアによる無病ライフ|ショッピングカート|お家の見直ししま専科|クレジットカードの即日発行じゃけん|初値予想|内職 アルバイト|女性向けエステ.com|家計見直しクラブ|童話||サプリメント|GetMoney|心の童話|マッサージのリアル口コミ.com|JALカード|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の選び方|